FC2ブログ
Eternal Memories
Whirlpoolと夏野こおり嬢をこよなく愛する管理人がエロゲーについて語るブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【77レビュー】77(セブンズ) 作品概要
発売から3日が経過してようやく運命の塔の3人の攻略がたった今終わりました!!
3人が終了した時点での感想を簡単に言うならば、期待通りの作品でよかった!!ですねw


さてさっそく本日より77についてのレビューを少しずつ書いていこうと思います。
まず第一回目は現時点で把握できた
作品概要についてです。

まだ未プレイの方や、これから買おうか悩んでいる方の参考になればいいかなと思います。
注)そのため物語上の重要なネタばれは極力ないように書くつもりでいますが、人によってはそれネタバレじゃん!!って思う部分もあるかもしれません。なのでその前提を了承した上で以下の文章を読んでいただければ幸いです。(一応危ないと思ったところは反転文字にしてあります)また事前にHPにのっている基本情報ぐらいは知っておいてもらうとわかりやすいと思います。


↓追記へ
1.ヒロイン10人!!について
最初に今作の目玉であるヒロインが10人!!という点について、やる前に知っておいて欲しいことがあります。(でないと過度な期待をして落胆する可能性が・・・・)

やはり各ヒロインでシナリオ量にかなり差がありました。まあ事前にHP上でCG枚数を公言しているので予想されていた方もいると思いますが・・・、具体的に織姫と星の巫女で差があり私がプレイした感じでは1.5~2倍のボリューム差があります。星の巫女同士はほとんど差はないと思われます。
ただ私は星の巫女のカレンさんがお気に入りだったので、若干短さを感じて残念ではありましたが、下手にダラダラと話が長いよりはスッキリしていて良かったと思います。短い中にも十分キャラの良さが生きていたので満足です。ちなみに・・・カレンさんマジで抱きしめたくなるほど可愛かったです。不覚にも見てるこっちがキュンキュンしてしまったww

2.ストーリーフローについて
話の流れとしては、序盤は3塔のヒロイン達によって主人公をめぐった(実際は次期生徒会副会長の座ですがw)星待ち祭という争いが繰り広げられます。そのため主人公は期間中各塔に1週間ずつ滞在し交流を図ります。順番は力の塔運命の塔知の塔です(ここまでが共通ルートだと思われます)また各塔での週末には星取りの儀という3塔対抗の競技が行われます。
その後ラスト一週間は主人公が在籍する一般棟で全ヒロインと一緒に過ごします(塔別共通ルート?)この期間中に各塔一人は独立した個別ルートへ入るみたいです(運命のみ確認済み)。残りの2人は複数回の選択肢を経て確定します。

3.選択肢について
選択肢に関しては比較的簡単です。毎回自分が攻略したい塔orヒロイン寄りの選択肢を選べば間違いないです。(なので開始時に誰を攻略するのか確定してください)
ただ、少し特殊なのが星取りの儀のときの選択肢です。ここでは毎回プレイヤーの選択によってどの塔が勝つかが変化します。また選択肢の回数は直前の別の塔の選択肢の影響を受け3~6回の間で変化するようです。どのような組み合わせでどの塔が勝つかは是非自分で頑張って見つけてみてくださいww

4.CG枚数&Hシーン数&立ち絵について
実際の各ヒロインのイベントCG&Hシーン数についてです。知りたい方は反転してください。
               CG数  Hシーン数
宙              20枚      
葵&瑠々          19枚      
くぅ             18枚      
美紀&ステラ&カレン   枚      
亜紀&凛&さくら     枚      
またそのほかにSD画が合計で45枚とその他CGが枚あります。
予想よりSD画が多いですがCGよりも演出として合っている場面が多いのでむしろいいですw

立ち絵について、ひとつ特徴を挙げるならば顔の表情差分の数が半端じゃないほどあります。ホントに作中で一度しか出てこないんじゃないかというレアなものもあったりしますし。なかには作画崩壊ギリギリな感じのものもありました-ww
というのもこの会社原画の方々がつくった差分を無理やりにでも全部起用してしまってるんだそうですwwただそのおかげで演出がとても楽しいことになっているので下手に少なくて表現に乏しいよりは大いにアリだと思います。

5.システムについて
また詳しくは全攻略後に詳しく書きたいと思いますが、今回から新しく導入されたシステムとしては77LIBRARYと呼ばれるものがあります。これは読んで字の如くゲーム中に出てきた単語の辞書になっています。全部で77個あり、ヒロインの説明文はそのヒロイン攻略後にネタばれが追加されるギミックがあります。意外と本編をやっただけではわからないことなども、ここを読めばわかったりするので役立ています。
また環境設定は今まで以上に細かく設定できます。ちなみに環境のヒロインのボイス設定のところにある音量テストは一度再生することをお勧めしますwww各ヒロインが七夕の思い出について語ってくれます。
他にはクイックセーブ以外にもオートセーブもされるようになったので戻りたいところに戻りやすくなっています。またセーブデータの管理も今まで以上にエディットできるのでしやすくなっています。

6.ストーリー総評(仮)
現時点での感想を言うなら、まず間違いなく「いなこい」「マギウステイル」の2作は超えることが出来たといっていいと思える出来です。
最初の項目で個別ルートのシナリオボリュームについて触れましたが、この点においては過去作2つに比べると同じか、あるいは星の巫女については短いといえます。
しかし、この作品の見所のひとつは共通ルートの面白さだと思います。ヒロインが多いだけあってとても濃い内容となっています。当然ボリュームもかなりのものになっています。また毎回共通ルートが同じで飽きるのを回避するために星取りの儀などの選択肢イベントやキャラ・塔別イベントをはさんでいるので飽きずに出来るのもいい所です。
まあ詳しいツッコミは今後塔毎に書いていこうと思います。

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
No title
不知火さんのレビューのおかげで、
ますます興味が出てきましたよー、セブンズ。
相変わらず手はつけてませんが、期待が高まる一方です。
しかしまあ、各塔のメインは織姫だけに、星の巫女の尺が少し短いのは残念ですね。


>カレンさんマジで抱きしめたくなるほど可愛かったです
うはぁ、wktkが止まらないですな。
最早最強じゃないですか。本編でカレンさん以上のキャラは現れるのでしょうか…

>音量テスト
ヒロインが色々喋ってくれるのは面白くていいですね!是非試してみようと思います。

>共通ルートの面白さ
各ヒロインルートはともかく、共通ルートが面白いって言うのは魅力ですよね。
何度もプレイして飽きるよりは、何度も楽しめた方がいいですし。キャラも多いしww

というわけで、全クリ頑張って下さい。
引き続き、レビュー参考にさせてもらいます。

2009/08/04 (火) 20:51:01 | URL | 細川 #k/zexf7w[ 編集 ]
No title
お久しぶりです。
漸くメモオフの1stを、攻略できるヒロインの全エンドを出したドッペルゲンガァです。

各人物の描かれ方はどうですか。
北方ハードボイルド慣れ(笑)した自分は、そこが後々まで残るかどうかの分かれ道になると思います。

ゼミ合宿の移動、気をつけて下さいね。
2009/08/06 (木) 00:31:40 | URL | D.P.G. #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Eternal Memories all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。